10月 242014
 

オリコン によると。

 オリエンタルランドは24日、2014年2月に誕生してから全国各地を巡ってきた「ダッフィーバス」に体験乗車できるチケット、『1デーパスポート、ダッフィーバスふわふわ体験付き』(税込1万400円)、『ダッフィーバスふわふわ体験付き2DAYS』(税込6万7400円~)を発売することを発表。2015年1月13日から3月20日までの期間限定で、東京ディズニーシー(TDS)のパーキングに展示する「ダッフィーバス」に乗ることができる。

 車とは思えない“ふわふわ”な出で立ちで話題となったダッフィーバス。展示期間中はバスの外側から一緒に記念写真を撮影したり、車体のふわふわな生地を触れるが、2つのプランでは特別に乗車することができる。たくさんのダッフィーが並ぶ車内など、そのかわいらしい世界観を体験できるほか、専門のカメラマンが撮影したオリジナル台紙入り記念フォトや、ダッフィーバスが初めてデザインされたオリジナル記念ピンがもらえる。

 「ホテルミラコスタ」に宿泊できる『ダッフィーバスふわふわ体験付き2DAYS』ではさらに、同期間にTDSで開催されるプログラム「スウィート・ダッフィー」のハンドクラフトグッズや、同プログラムをイメージしたオリジナルディナーコース付き。ファンにはたまらない盛りだくさんの内容となっている。

 Posted by at 6:06 PM
10月 222014
 

シネマトゥデイ によると。

 ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオは、新作CGアニメーション映画『モアナ(原題) / Moana』を、2016年後半に全米公開することを発表した。

 本作の舞台は、古代オセアニアの海。生まれながらの航海士である少女モアナが、先祖から伝わる伝説の島を探しに冒険に出るというストーリーだ。彼女は旅の途中で出会った人間と神様のハーフ・マウイと共に、巨大な海の生物に出くわすなどの危険を乗り越えながら、島を目指していくという。

 メガホンを取るのは、『リトル・マーメイド/人魚姫』『アラジン』のジョン・マスカー&ロン・クレメンツ監督。ディズニーの名作を作ってきた二人にとって、本作は初のCGアニメーション作品になる。

 「モアナは情熱的で負けん気が強いドリーマーで、誰もが応援したくなるようなキャラクターです。彼女を紹介するのが待ちきれません」とマスカーはコメントしている

 Posted by at 8:14 PM
10月 212014
 

THE PAGE によると。

動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=8Bwy5SMETwU
ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの最新作『ベイマックス』(12月20日公開)の日本版エンドソングに、歌手のAIの未発表曲である「Story」の英語バージョン「Story (English Version)」が起用されることが分かった。

同映画は、東京とサンフランシスコを融合したかのような架空都市“サンフランソウキョウ”を舞台に、天才科学者の少年ヒロが、事故で亡くした兄タダシの遺したケア・ロボット“ベイマックス”とともに、失ってしまったかけがえの無い絆を取り戻す、勇気を描いた感動の物語。

同映画のテーマの一つである“人と人との心のつながり”がAIの代表曲である「Story」とマッチすることから、ディズニーサイドがAIに打診したところ、未発表となっている「Story」の英語バージョン「Story (English Version)」が存在することが分かり、今回のエンドソングが実現することとなった。

AIは「ディズニー映画は小さい頃から大好きだったので、本当にうれしいです!」と喜びをあらわに。
さらに、「『Story』は、大切な人を想う気持ちを描いた、私にとっても大事な曲。亡くなった兄タダシの分身のようなベイマックスが、たとえ自分が傷ついてもヒロを一途に守ろうとする姿が、まさに私が『Story』で伝えたかった“無償の愛”と重なります。また、私にも妹がいるので、自分と重ねて観てしまいました。人は、誰かとつながっている。決して一人じゃない…という『Story』のメッセージを、映画「ベイマックス」に乗せて再び世の中に贈れることを幸せに思います」と話している。

『ベイマックス』
監督:ドン・ホール/クリス・ウィリアムズ 
製作:ロイ・コンリ
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン 
(C)2014 Disney. All Rights Reserved.
2014年12月20日(土)、全国ロードショー

 Posted by at 9:41 AM